ストーリーでわかる財務3表超入門―お金の流れで会計の仕組みが見えてくる

ポイントと交換するにはログインしてください。

会計の勉強は難しいと思われがちですが、お金の出入りを表すお小遣い帳や家計簿が理解できる人なら誰でも理解できます。この本では、会計知識ゼロの主人公あかねが、アクセサリー販売の会社をつくり、仕事の現場でさまざまな経験をしながら、会計の本質と全体像を学んでいきます。そこには、お金の流れから会計の仕組みをつかむ、そして、PL(損益計算書)・BS(貸借対照表)・CS(キャッシュフロー計算書)のつながりで会計を理解する、画期的な勉強法があったのです。

必要ポイント 1500pt
交換期間 2021-03-31 07:00:00まで
はじめて会計を学ぶ人、会計がわからなかった人のための画期的な勉強法
仕事の現場で役にたつ会計のコツが身に付きます
BS(貸借対照表)、PL(損益計算書)、CS(キャッシュフロー計算書)をバラバラに、順番に覚えても仕事で役に立つ会計は身につきません。 仕事の現場では、「お金を集めて、投資して、利益を上げる」ことでビジネスが進んでいきます。このビジネスの流れが、財務3表にどのように反映されていくのかを理解することが会計を理解するコツです。
仕事の現場でのお金の出入りから、財務3表のつながりを理解していく画期的な勉強法で、使える会計のコツをマスターしましょう。